• 歯科助手

    歯科医院で活躍できる歯科助手という職業をご存じの方も多いかもしれませんが、歯科助手と歯科衛生士は似ているようで異なるお仕事です。
    歯科衛生士のお仕事をご存じという方は多いでしょうが、歯科助手の仕事内容について詳しく知っているという方は少ないでしょう。
    そこで、ここでは歯科助手の仕事内容や向いている人などについてご紹介したいと思います。

    治療の準備をする

    KE139_72A

    歯科助手も近年女性から人気となっているお仕事ですが、業務の内容は多岐に渡ります。
    医師が治療に使った器具などを洗浄、滅菌するのも歯科助手が担当することが多いですし、治療の準備をするのも業務の一環です。

    また、来院した患者さんを治療台まで案内したりするのも仕事ですし、医師が治療する横でアシスタントをすることもあります。
    受付業務や電話対応をすることもありますし、歯科医院の中でもっとも忙しく働いているのが歯科助手と言っても過言ではないでしょう。

    ただし、これは歯科医院によってまちまちで、先ほど説明したような治療の準備や器具の滅菌などを歯科衛生士が担当することもあります。
    医院によって歯科助手の担当する業務は異なりますから、求人への応募を考えている方は事前に確認することをおススメします。

    思いやりのある人

    このお仕事に向いているのは常に学ぶ姿勢を持っている人です。
    歯科医療も毎年のように進歩していますし、歯科医院内における歯科助手の役割も常に変わってきます。
    常に学びながら自分が今何をすべきか、ということを考えられる人がこのお仕事に向いているのではないでしょうか。

    また、歯科助手は患者さんと関わることも多いですから、患者さんのために何ができるのだろうと常に考えることも大切です。
    そのため、思いやりのある人や常に他人のことを考えられる人がこのお仕事に向いています。

    医師や歯科衛生士とも連携をとりあわなくてはいけませんから、コミュニケーションスキルも必要となります。
    より良い歯科医療を患者さんに届けるためにはチーム医療は欠かせませんから、しっかりとコミュニケーションがとれるスキルは必要となります。

    歯科助手の応募をしている医院は多いですし、特に資格などなく未経験でも採用しているところは少なくありません。
    歯科医療に興味のある方、患者さんのことを思いやれる方は応募してみると良いかもしれませんね。
    やりがいは間違いなくあるお仕事と言えるでしょう。
    ぜひチャレンジしてください。

    カテゴリー: お勧めの職業紹介

    コメント欄は現在閉じています。