• パティシエ

    女性は甘いものが好きなものですが、そんな女性にオススメの職業がパティシエです。
    近年ではパティシエがメディアに登場することも多くなりましたし、世界で活躍する有名なパティシエも増えたことからさらに注目されるようになりました。
    ここではパティシエの仕事内容やなり方などについてご紹介しましょう。

    洋菓子の職人

    DSC00778

    パティシエとは洋菓子職人のことを指すことが一般的で、和菓子職人のことをパティシエと呼ぶことはありません。
    フランス語では菓子製造人という意味を持ち、あくまで洋菓子の職人をパティシエと呼んでいます。

    パティシエの仕事内容を一言で説明すると「洋菓子を作ること」となりますが、実際にはそれほど簡単に説明できるものではありません。
    パティシエは職場によって業務内容が大きく変わってきますから、一概に説明することは難しいのです。

    スイーツの専門店だと一人のパティシエが生地から装飾までを一人で担当することもありますし、大手のお店だとチームで制作にあたっていることもあります。
    レストランでデザート担当として勤務することもありますし、ホテルや結婚式場で洋菓子制作にあたることもあります。
    また、洋菓子メーカーによっては工場を持っているところもありますし、そこで勤務することもあります。

    高度な知識と専門技術が必要

    女性にとって憧れの仕事にまで登りつめたパティシエですが、この職業は専門職ですし高度な知識と専門技術が必要となります。
    そのため、今日明日からパティシエとして働くということはほぼ不可能に近いと言えるでしょう。
    基本的には製菓系の専門学校に通って基礎的な知識や技術を身につけることとなりますし、学校を卒業してから現場で修業を積んでいくことになるでしょう。

    学校に通わずにいきなり店舗で働くという方法もあります。
    パティシエは特に必要な資格や免許もありませんから、専門店などで働き始めることは可能です。
    採用されたら見習いとして働き始め、菓子制作の現場で実践的な知識と技術を身につけていきます。

    下積み時代は厳しいものとなりますし、最初のうちは雑用ばかりということも珍しくありませんが、これは職人の世界なら当たり前のことでしょう。
    少しずついろいろな仕事をやらせてもらえるようになり、やがては一人前のパティシエとして育っていくのです。

    パティシエは夢のあるお仕事ですし、甘いものが好き、スイーツが好きという女性にもピッタリなお仕事です。
    甘い香に包まれてお仕事をしたいという方、いずれは世界に羽ばたいてパティシエとして名を馳せたいという野心家にもオススメの職業と言えるでしょう。

    カテゴリー: お勧めの職業紹介

    コメント欄は現在閉じています。