• ネイリスト

    近年にわかに人気を高めているお仕事の一つがネイリストです。
    以前まではネイリストと呼ばれる専門職はあるにはありましたが、そこまでメジャーな存在ではありませんでした。
    しかし、今では女性がなりたい職業の上位に入るほど高い人気となっています。
    ここではネイリストのなり方ややりがい、仕事内容などについてご紹介します。

    接客業でもある

    KE187_72A

    女性が憧れる職業でもあるネイリストですが、主な仕事内容は専門技術を駆使してお客さんの手やつめをキレイに見せるための施術を行うことです。
    ネイルの基本的なケアを行うネイルケアをはじめ、カラーリングやネイルアート、リペアなどが代表的なところでしょうか。

    この中でもっとも重要なウエイトを占めるのがネイルケアで、ネイリストの技術がものをいうところでもあります。
    また、クライアントからネイルの相談を受けることもありますし、自宅でもケア方法をアドバイスするというようなこともあります。

    比較的敷居が低い

    ネイリストの国家資格などはありませんし、誰でもなろうと思えばなれる職業です。
    特別な資格が必要ないという意味では比較的敷居が低い職業と言えるのではないでしょうか。
    しかし、特別な資格が必要ないとは言え、専門的な技術と知識は絶対的に必要となります。

    現在では専門学校でネイリストコースが設けられていることも珍しくありませんし、ネイリスト養成のスクールなどもあります。
    専門学校やスクールで基本的な知識と技術を身につけ、あとはサロンや美容室などに就職して実践で技術を磨いていくことになります。
    特に専門学校やスクールを卒業していなくても採用してくれる職場はありますが、近年ではネイリストの数も増えているためより質の高い人材を確保するためスクールや専門学校卒業を応募条件として掲げているサロンなども増えています。

    美容室やサロン

    ネイリストが活躍できる職場は主に美容室やネイルサロンとなります。
    美容室でもネイリストを募集していることがありますし、ネイルサロンがスタッフを新たに募集していることも珍しくありません。

    ネイリストという職業が注目され始め、需要も高まってきたため現在では日本中のいたるところにサロンが誕生しています。
    その分競争も激化していますから、独自のサービスを打ち出すことのできないサロンはどんどん淘汰されています。

    しっかりした技術と知識を身につけることができ、その上で経験を積めばいずれは独立開業ということも夢ではありません。
    将来自分のお店を持ちたい、サロンを開業したいという方にもオススメのお仕事ですね。

    お給料などはサロンによって異なりますが、独立開業すれば大きな収入を得ることも可能となるでしょう。
    いずれは自分でお店を経営したいという方はぜひチャレンジしてみましょう。

    ネイリストを希望する若い女性は増えていますし、それだけ夢のあるお仕事ということなのでしょう。
    求人の数も年々増えていますから、職場選びに困ってしまうということはあまり考えられないですね。
    興味のある方は求人を探してみましょう。

    カテゴリー: お勧めの職業紹介

    コメント欄は現在閉じています。