• 医療事務

    病院などの医療施設で活躍できる医療事務は女性に人気の職業の一つです。
    しかし、医療事務と聞いても一般的な事務業務とどのような違いがあるのか、という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。
    そこで、ここでは医療事務の仕事内容やなり方などについてご紹介しますからぜひ参考にしてください。

    レセプト業務がメイン

    011

    医療事務の仕事内容は多岐に渡りますが、基本的にはレセプト業務がメインとなります。
    レセプトとは診療報酬請求のことで、ほとんどの業務時間をレセプトの作成や管理にあてることになります。
    レセプトを作成するためには専門的な知識が必要となりますから一般事務をかじったことのある程度のスキルでは到底できませんし、医療事務専門のスキルが必要となるのは言うまでもありません。

    病院の受付カウンターで患者さんの受付を担当することもあります。
    これは勤務する医療施設によって異なりますし、どこまでの業務を医療事務が担当するかは職場によって大きく変わってきます。

    完全にレセプトの作成や管理のみに携わることもあれば受付、その他の雑務を同時にこなすこともあります。
    仕事量も内容も職場によりけりですから、求人に応募するときには事前に確認しておきましょう。

    女性に人気

    女性に人気の医療事務ですが、医療事務の資格も現在ではたくさんあります。
    この仕事に就きたいという方の多くがまず医療事務の資格を取得しよう、と考えますが、実際には資格の有無はあまり関係ありません。

    この資格は国家資格ではありませんし、ただの民間資格です。
    取得までの過程において専門的な知識が身につくというメリットはありますが、この仕事に就くためにどうしても必要というようなものではありません。

    もちろん、資格を持っていたほうが多少就職に有利になるかもしれませんが、それよりも経験の有無を重視する医療施設が多い傾向にあります。
    ただ、資格がなくても採用してもらえる可能性は十分ありますし、働きながらスキルを身につけることもできるでしょう。

    この仕事は女性から非常に人気があるため、求人が出されてもすぐに枠が埋まってしまうことも珍しくありません。
    そのため、求人を見つけたら少しでも早く応募することが大切です。

    医療事務をこれから目指すのなら、とりあえず求人をこまめにチェックすることをおススメします。
    先ほども言ったように人気の仕事ですし、のんびりしているとすぐに枠は埋まります。
    また、資格は特に必要ないものの、取得していればそれなりの知識があると判断されますから余裕のある方は取得しておくのも良いでしょう。

    カテゴリー: お勧めの職業紹介

    コメント欄は現在閉じています。