• 仕事と化粧のマナー

    ビジネスシーンで女性のメイクが話題に上ることも多いですが、ビジネスシーンにおいて女性がノーメイクというのは少々問題があります。
    基本的にビジネスシーンにおいて女性がノーメイクというのはNGとなりますから注意しましょう。
    ここでは仕事と女性のメイクについて少々お話したいと思います。

    ノーメイクはダメ

    KE193_72A

    ノーメイクのほうが良い印象を与えそうなものなのに、と思ってしまう方もいるかもしれませんが、ビジネスシーンにおいてそれはあり得ません。
    ノーメイクだと顔色が悪く見えてしまいますし、だらしない、見苦しいといった印象を与えてしまいます。

    また、基本的にビジネスの場においてノーメイクというのは失礼にあたりますしマナー違反です。
    化粧がキライ、メイク映えしないから、というのは理由になりませんから覚えておきましょう。

    ナチュラルメイクが基本

    いくらビジネスシーンにおいてメイクが大切とは言っても派手なメイクはNGとなります。
    基本はナチュラルメイクですから覚えておいてください。

    ただ、ナチュラルメイクというと手抜きしたメイクのことをイメージしてしまう方もいるでしょうが、決して手抜きをするメイクではなく、自然な仕上がりに見えるメイクのことを指します。
    ファンデーションやアイシャドーもなるべく大人しめのカラーを選び、厚く塗り過ぎないことがポイントです。

    女性のメイクは職種や業界によっても変わってきますし、TPOに合わせるということも重要となってきます。
    業界によってはナチュラルメイクより多少派手なメイクを推奨されることがありますから注意が必要です。

    有名なところだとキャビンアテンダントが挙げられますが、キャビンアテンダントは暗い機内の中で健康的な顔に見えるよう派手なメイクが推奨されています。
    これは業務規程で決められているようですから、キャビンアテンダントは基本的にみんなメイクが派手目となっているのです。

    ビジネスシーンにおいてノーメイクは失礼にあたる、ということだけはしっかり覚えておきましょう。
    その上で、業界やTPOに合わせたメイクをすることが大切です。

    カテゴリー: コラム

    コメント欄は現在閉じています。