• 服装のポイント

    女性ならいつでもキレイな格好をしたいというのは当然の思いですし、出勤前に何度も鏡を見直しているという方も多いのではないでしょうか。
    仕事に着用する服にしても少しでもオシャレを取り込みたいという気持ちも理解できますが、やはりビジネスマナーに則った格好をすることが大切です。
    ビジネスマナーに反しない女性のファッションについてご紹介しますから、ぜひ参考にしてください。

    オフィスでの女性の服装

    JP121_72A

    オフィスで働く女性の服装ですが、もっとも大切なのは清潔感です。
    どんなに流行の先端を行く服を身につけていたとしても、清潔感が感じられなければ完全にアウトですから覚えておきましょう。

    また、仕事がしやすく動きやすい格好というのも重要なポイントです。
    せっかく清潔感を与えられる格好をしていても業務の妨げとなるような格好だと問題がありますし、それによって仕事の効率に影響が出ることも考えられます。

    相手に好感をもたれやすい格好、親しみを持たれやすい印象を与える格好というのも大切なポイントですから覚えておきましょう。
    これらのポイントを押さえておけばとりあえず大丈夫だと思いますし、ビジネスマナー違反になることもないでしょう。

    派手な服は避けること

    オフィスカジュアルが一般に浸透し始めたとは言え、まだまだ日本はそこまでオープンな国ではありません。
    また、オフィスカジュアルでもビジネスマナーを守ることは大切ですから覚えておきましょう。

    ビジネスシーンでマナー違反とならない女性の格好ですが、派手な服装は避けてできるだけオーソドックスな色でまとめるのが基本です。
    また、露出が多い格好は当然NGとなりますし、ビジネスシーンにはふさわしくありません。

    意外と忘れてしまいがちですが、靴やストッキングなども重要ですから気を抜かないようにしましょう。
    足元は意外と見られていますし、そこで評価されてしまうことも珍しくありません。
    パンツルックにジャケットでバッチリきめているのに、足元がだらしないとなるとそれだけでマイナスポイントとなってしまいます。

    細かいところまで気を抜かないことが大切ですから覚えておいてください。
    また、オフィスではあまりヒールの高い靴もNGですから、できるだけローヒールの靴をチョイスするようにしましょう。

    ビジネスシーンで失礼にならない女性の服装についてまとめてみましたが、あまり地味すぎても印象が悪くなってしまうためそこが難しいところです。
    地味になり過ぎず、派手にもなり過ぎないちょうど良いバランスの格好がオススメですが、いろいろと試していくのも良いかもしれませんね。

    カテゴリー: コラム

    コメント欄は現在閉じています。